新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)スパイクタンパク質(S蛋白)抗体定量検査自費(5,500円 税込)で実施しております。
mRNAワクチンは、ウイルス表面の感染に重要な役割を果たす「スパイクタンパク質(S蛋白質)に対する抗体」を誘導することで、新型コロナウイルス感染症の発症や重症化を予防しています。これまでの抗体検査の多くはウイルスの遺伝情報に関わる「ヌクレオカプシドタンパク質(N蛋白質)に対する抗体」の検査で、過去の感染についての検査でした。今回、測定を開始したS蛋白質に対する抗体検査により、ワクチン接種後に産生される抗体量を測定することができます。
コロナワクチン接種によって産生される抗体の量(抗体価)には個人差があり、さらに時間の経過とともに徐々に減少していくことが明らかにされています。

血液検査により、コロナウイルスS蛋白に対する抗体の量を調べることで、新型コロナウイルスに対する免疫を獲得できたのか、現時点で、抗体量がどのくらい存在するのかを知ることができます。

検査の対象となる方
・すでにコロナワクチンを2回接種し、抗体がどれくらいあるかを確認したい方
・ワクチン接種時に発熱や痛みなどがなかったため、免疫がついているかが心配な方
・ワクチン接種から時間が経過し、現時点でどれくらい抗体があるかを知りたい方
※ コロナウイルスに対する抗体量は、時間の経過とともに徐々に減少していくことがわかっています。
※抗体の量が多いからといって、感染を完全に防ぐことができるようになったわけではありません。そのため、マスク着用など、感染予防対策の継続をお願いします。

有楽橋クリニック